東京オートサロン 2020 Tokyo auto salon 2020

皆様こんにちは、お世話になっております。今年も年初に開催されました『東京オートサロン』へ行ってまいりました。

東京オートサロンは、チューニングカーの祭典として認知されていますが、昨今ではメーカーの最新車両の発表や、コンセプトカーの展示など、時代の流れを象徴する車両の展示も多く、世界中から注目されるイベントになっております。簡単にですが、展示車両の紹介や会場の当日の様子をレポートしていきたいと思います。

今回トヨタ自動車様のブースには、写真のプリウスPHVのコンセプト車両の展示がございました。TRDやモデリスタなど、現実的なカスタマイズではなく、完全に未来を意識したような外観にカスタマイズされていました。

フロントバンパーにはプロジェクションマッピングのような仕掛けが施されていました。トヨタ自動車の新車ラインナップでも、ハイブリッド車は当たり前の存在となりました。ハイブリッド車の先駆けとして、先頭を走ってきたプリウスの今後を憶測させられるような、そんなディスプレイにも感じました。

一方で力が入っていたのは、トヨタのモータースポーツ部門『GR』の名を冠したヤリスをはじめとするスポーツカーです。最近では自動車メーカーが『カーライフを楽しむ』事をコンセプトにオプションパーツを設定されたり、スポーティーなグレードを設定されたり等の工夫をされています。

『 カーライフを楽しむ 』方法として、ドライブを楽しむ以外にも『趣味を楽しむ』という方法もあるのではないでしょうか? 各メーカー様ブースでも、車と趣味を絡めた展示が多く見られました。

純正の状態よりも、使い勝手が良くなるようなパーツを取り付けることもカスタマイズの一つです。当店ではこれらを『パーソナライズ』と呼び、皆様一人一人に合うお車作りを提案させていただいております。

当店と共に『Quantum Solenoid』を輸入販売されておられます『Lexon Exclusive』様のブースです。レクサスRC-Fに、新作のエアロパーツが装着され、展示されていました。

こちらのエアロパーツは、合法パーツでありながら、そのままの形でレース車両にも装着されるそうです。合法パーツの価値観や可能性をさらに広げてくれるアイテムになりそうです。

A90系スープラはかなりの台数が展示されていました、昨年アメリカで行われたSEMAショーの流れを引き継いでいるような感じです。笑 スポーツカー人気の復活で、クルマ業界にも活気が出ればと思います。

お車をカスタムする上で、ある程度の線を越えると気になってくる部分が『車検』の事ではないでしょうか? 車検を気にするとカスタムが楽しめないと思われる方も多いかと思いますが、こちらの『TIC』様の車両は、全て公認を取得され、この状態でも車検に通ってしまうそうです。

特殊な車検、構造変更などに関する専門的な知識や経験を活かした業務は、プリウス専門店として車種を絞り込む方向で業務を行う当店にとっても、参考にさせて頂きたい部分が沢山ありました。

当日は本当に沢山のご来場者様で賑わっており、写真を沢山撮ることが出来ませんでしたが、アップしておきます。セダン、SUV、レーシングカー、パーツや用品等、沢山の展示がありました。

東京オートサロンが終わると1年が本格的に始まる気がします。今年も沢山のイベントに参加して、当日の写真などをブログに上げていければと思っておりますので、よろしくお願い致します。

 

お問い合わせ、お見積もりは『コチラ

その他、オススメの記事です。

30 プリウス 前期 ハイブリッドバッテリー交換 Quantum Solenoid 取り付け

Quantum Solenoid (クァンタムソレノイド)チューニング VVTソレノイド プリウス 用 ZVW50 ZVW30 プリウスα

Kyoei Japan (プリウス専門店) / Kyoei Auto Service

623-0046 京都府綾部市大島町坂尻2番地

Email  info@kyoei-auto-service.com

Tell:0773-42-6921

FAX:0773-42-3932

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL