Inno ルーフボックス WEDGE 660

 

皆様こんにちは、お世話になっております。今回は、デモカーのプリウスに、Inno製のルーフボックス『WEDGE 660』を取り付けました。

 

 

付属品は、鍵、ルーフラックに固定するアタッチメント、荷物を固定するベルトです。赤色のキャップは緩み留めになっていて、取り付け後にフロント側のどちらかのアタッチメントに被せるものです。

 

 

まずはボックスを屋根に載せ、位置決めをします。ボックス自体の重量配分も考えバランスの良い位置に置きます。

 

 

ルーフボックスの固定は、ルーフボックス下部のスリットにアタッチメントの爪を差し込みます。

 

 

ダイヤルを締め込むと爪が締まる仕組みです。バーに爪が確実にかかっているか確認して締め込みます。

 

 

ボックスを開けるときは付属の鍵でロックを解除し、こちらのボタンを押して持ち上げます。

 

 

こちらのルーフボックスは左右どちらからでも開ける事ができますので便利です。取り付け工程に特に複雑な事はありませんでした。ボックスを載せる時に一人ではキツイといったところでしょうか。各部の締め込みを確認して取り付け完了です。

 

 

今回は薄型のものをチョイスしたので車との一体感もあります。後端部の形状も跳ね上げた形になっていてスタイリッシュです。

 

 

プリウスは屋根が低いので、荷物の積み下ろしも楽々です。

 

 

 

プリウスは荷室スペースが元々広いのですが、ルーフボックスを使用すればさらに室内スペースを有効活用できます。尺の長い荷物は積み降ろしの時に内装に傷をつけたりするリスクも高まりますのでルーフボックスがあればそれらのリスクに対しても安心です。

 

 

時期的なものもあり、試しにクリスマスプレゼントを入れてみました!笑 このようにスペースの使い方も様々です!実際に活用して、その都度事例としてアップしていきたいと思います! クリスマスが終わればいよいよ年末を迎えますね、本格的に寒くなりましたので、皆様暖かくしてお過ごし下さい! 新年を気持ちよく迎えるためのお車のメンテナンスのご依頼等お待ちしておりますのでよろしくお願いいたします!

お問い合わせ、お見積もりは『こちら

Kyoei Japan / Kyoei auto service

〒623-0046

京都府綾部市大島町坂尻2番地

E-Mail : info@kyoei-auto-service.com

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL