30 プリウス 前期 ハイブリッドバッテリー交換 Quantum Solenoid 取り付け

皆様こんにちは、お世話になっております。今回のブログは30プリウス前期型のハイブリッドバッテリー交換です。

今回のお客様は、滋賀県よりお越しいただきました。どうしても今日中に修理を完了して欲しいとご要望をいただきましたので、在庫していた点検済みの中古バッテリーを使用して交換作業を進めていきます。

午前中にお電話を頂き、午後にご来店、夕方までに修理という作業予定です。お客様の30プリウスは前期型で、走行距離は約14万キロ、当店の過去のブログを読んでいただいている方は、異常が点灯するには走行距離が少なく思われたかもしれません。しかし、バッテリーの寿命は一概に走行距離だけでの判断は難しく、発売から10年を超えてくる車両は、正直なところ、いつ異常が点灯してもおかしくないと言えます。

交換にあたってバッテリーを車両から取り外します。バッテリー冷却ファン、通気孔は写真のようにかなり汚れています。通気孔は清掃し、ファンはあらかじめ清掃してある物に交換します。

見えない部分ですが、冷却性能の低下はバッテリーの性能にも大きく影響します。さらに、ホコリがバッテリー内に侵入する事で別のトラブルを引き起こすリスクもございます。それらを踏まえ、できる限り綺麗にして車両へ組み付けていきます。

今回はハイブリッドバッテリーの交換に加えて、プリウスがパワーアップする『Quantum Solenoid(クァンタムソレノイド)』の取り付けも行わせて頂きました。プリウスの走りに不満を感じている方にはオススメのアイテムです。

Quantum Solenoid の取り付けも終わり、作業が完了です。今回は修理に加えてカスタマイズのご相談も頂き誠にありがとうございます。

今回は、中古バッテリーを使用する事で、新品での交換と比べると約半額での修理を行うことができました。浮いた分の修理代をプラスアルファのカスタマイズ費用に充てがう事が出来る、『専門店ならでは』の良い事例になったのではないでしょうか。浮いた費用はお車の事以外にも、ご家族の為のお買い物やお食事代など、使い道はお客様次第です。

 

当店では専門店としての経験やノウハウを生かして、お車に関わる無駄な出費を省くお手伝いをさせて頂きます。お車の修理を通して、皆様の暮らしが少しでも豊かになるよう、ご相談に乗らせて頂きます。お気軽にご連絡いただければと思いますので、宜しくお願い致します。

 

 

お問い合わせ、お見積もりは『コチラ

その他、オススメの記事です。

Quantum Solenoidを装着された皆様からのレビュー Part.1  

30 プリウス 前期型 EGRバルブ清掃

 

Kyoei Japan (プリウス専門店) / Kyoei Auto Service
623-0046 京都府綾部市大島町坂尻2番地
Email  info@kyoei-auto-service.com
Tell:0773-42-6921

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL