30型プリウス リフトアップスプリング、Quantum Solenoid取り付け

皆様こんにちは、お世話になっております。今回のブログは、舞鶴市よりお越しのお客様の30型プリウスに、『Chuhatsu Plus リフトアップスプリング』の取り付けと、プリウスがパワーアップする『Quantum Solenoid』の取り付けです。

今回使用したリフトアップスプリングは、トヨタ車の純正スプリングを製造されている『中央発條株式会社』様のオリジナルブランド『CHUHATSU-PLUS』から発売されています『Multi Road(マルチロード)』という商品です。

リフトアップ』と聞けばカスタム要素のイメージがあるかと思われますが、こちらの商品は、北海道のタクシードライバーの方からの、『雪道での走破性を高めたい』というお声から生まれた商品だそうです。

確かに積雪量が多い時は、車高を下げていないプリウスでもアンダーカバーを破損してしまったり等、何らかのアクシデントに見舞われてしまうケースが見受けられます。こちらのスプリングに交換する事で、車高を約2.5㎝アップさせることができます。定規で見る2.5センチは微々たる物ですが、体感的には『結構上がってる』と思っていただける商品です。

取り付け方法は、ローダウンスプリングと同じ方法で取り付けます。スプリングが長く硬いので、短いローダウンスプリングと比べると少し大変です。純正スプリングと同じ黒色ですので、カスタムされている感じは、ぱっと見ではわからないです。

前後のスプリングが取り付け完了すれば、サイドスリップを調整して作業完了です。

写真左のプリウスリフトアップスプリングを取り付けました。

左がリフトアップしたプリウス。右はノーマル車両です。

実測で約2センチほど車高が上がっていることが確認できます。車高が上がることでの走破性アップと、車への乗り降りが少し楽になります。気になる乗り心地は、少しだけノーマルより硬く感じますが、カーブでのふらつきは無く、安定感があります。

当店のデモカーは、こちらのスプリングで車高を上げた後に、1サイズ外径が大きいタイヤに変更しています。タイヤの分でさらに1センチほど車高が上がっています。車高を上げすぎると、過度なローダウンと同じで、足廻りに負担をかけてしまいます。2.5センチのリフトアップであれば、悪影響はありませんので安心して乗っていただくことができます。もちろん車検にも問題なく適合致します。

今回はリフトアップに加え、『Quantum Solenoid』の取り付けも行わせていただきました。Quantum Solenoidを取り付けることで、中〜高回転域の馬力、トルクがアップします。当店が所在する地域では、比較的信号が少なく、渋滞も少ないので、一般道路でもそこそこ平均速度が高いです。また、小高い山を超えるような道も多く、Quantum Solenoidのようなパワーをプラスしてくれるパーツの効果が発揮される場面が多いです。日頃から感じる物足りなさを少しでも改善することで、快適な走りを手に入れることができます。気になる燃費の悪化もございませんのでご安心ください。

 

今回は見た目こそ派手ではないですが、機能性をプラスする商品のご紹介でした。このようなパーツは毎日のドライブを楽しくしてくれますので、通勤距離が長い方にもオススメです。特別な休日を楽しくする為の提案ももちろんさせて頂けますが、このような日々のドライブを楽しくするご提案もさせていただけますので、ご興味のある方はぜひお問い合わせ下さい。よろしくお願い致します。

お問い合わせ、お見積もりは『コチラ

 

その他、オススメの記事です。

Quantum Solenoid チューニング VVTソレノイド プリウス 用 ZVW50 ZVW30 プリウスα

Quantum Solenoidを装着された皆様からのレビュー Part.1

 

Kyoei Japan (プリウス専門店) / Kyoei Auto Service

623-0046 京都府綾部市大島町坂尻2番地

Email  info@kyoei-auto-service.com

Tell:0773-42-6921

FAX:0773-42-3932

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL