プリウス にオススメのエンジンオイル

皆様こんにちは、お世話になっております。今回のブログは、プリウス『エンジンオイル』についてです。車に乗る上で、必要となるメンテナンスの中で最も登場する回数が多くなるのが『エンジンオイル』の交換ではないかと思います。

プリウスはハイブリッド車で、モーターが備え付けられていますが、動力を発生する主要なパートは『エンジン』です。

もちろん定期的なエンジンオイルの交換が必要となります。

 

では、プリウスに適したエンジンオイルとは、どのような物になるのでしょうか?

 

『 プリウス  エンジンオイル 』とインターネットで検索すれば、これまた莫大な情報が表示される訳で、何が正しいのか判断は非常に難しいのが現状かと思います。まずは基本的なオイルの種類を説明していきたいと思います。

オイルの選定基準として、最も一般的なのは『粘度』です。オイルのパッケージには、5W-30 や 0W-20といった数字が記載されている事はご存知の方も多いかと思います。この数字はオイルの粘度を表す数字で、手前の数字(0Wや5W等)は低温時の粘度を表します。数字が小さくなるほど、低温時に固まりにくい性質を持っています。後半の数字が高温時の粘度を表します。この数字が大きければ大きいほど、高温時の油膜が強くなります。高回転、高出力エンジン向けの商品は、こちらの数字が大きくなります。

そちらを踏まえた上で、プリウス に向いた粘度はどれになるかとえば、メーカー推奨のオイルは『 0W-20 』となっております。プリウス のエンジンの場合は、モーターによるアシストの恩恵もあり、高温、高負荷になりにくいのが特徴です。また、粘度を抑える事で、エンジンの回転を軽くして、燃費がより良くなるメリットもあります。

ここで注意して頂きたいことが、0W-20のオイルは、シャバシャバした特性で、劣化した場合はエンジンにダメージを与えてしまうリスクが高くなります。また、新車時のエンジン内部の状態に適した推奨オイルですので、走行距離を重ねた車両には適さないケースがあるのも事実です。ただ単に粘度だけを下げてしまえばエンジンにダメージを与えてしまいます。それ程にシビアな粘度ですので、オイルの銘柄選びにも拘らなければ、プリウス 本来の性能を発揮できない可能性も出てまいります。

当店でオススメしている0W-20のエンジンオイルは、『ENEOS SUSTINA(エネオス サスティナ) 0W-20』です。

エンジンオイルには、鉱物油や部分合成油、化学合成油などのジャンルがありますが、サスティナは100%化学合成油になります。 化学合成油のお話をする上で重要なのがオイル自体のベースとなる『ベースオイル』です。

サスティナに使われている『WBASE』と言われるベースオイルは、粘度指数が従来の製品に比べて15%高くなっています。 粘度指数が高くなったメリットを簡単に説明させていただくと、オイルの温度による粘度変化が少なくなります。それにより、低油温時のオイルの粘度が下がり、寒い時やエンジンが冷えている時でも潤滑がスムーズになります。冷えている時だけでなく、常用使用時でも適度な粘度を保ってくれる為、エンジン内部の抵抗を低減させてくれます。つまり、あらゆる温度域でのスムーズな潤滑が可能になるため、燃費の向上や、エンジンの静粛性の向上にも一役買ってくれるオイルです。

サスティナのもう一つの特徴が 『 ZP ジンクピー 』と呼ばれる『添加剤』です。 この添加剤にも少し変わった特徴があります。従来のエンジンオイルに含まれる添加剤は硫黄分を含んでおり、熱や水分、酸化によって、最終的には硫酸が発生してしまうそうです。 この硫酸が添加剤を劣化させてしまいます。サスティナに使われているこの添加剤には硫黄分が含まれていないため硫酸を発生させません。

ハイブリット車はモーターでのアシストにより、一般的なガソリンエンジン車よりもエンジンの温度が上がりにくいため、サスティナの持つ性能がぴったり合うのではないかと、当店では考えております。また軽自動車も、近年のサイズアップにより車重が増え、交差点ではアイドリングストップにより、エンジンの始動と停止を繰り返し、どうしてもエンジンに負担がかかってしまいます。そういった最近の軽自動車にもオススメです。オイルのお値段自体は少し上がってしまいますが、サスティナはオイルが劣化しにくく長寿命な為、交換のサイクルを伸ばすことができます。プリウスであれば、1万キロ走行するごとに交換していただければ、全く問題ありません。(オイル漏れなどのトラブルが無い場合)当店で扱っています通常のオイルで5000キロ毎に交換する場合と比較すれば、サスティナの方が経済的なのです。

エンジンオイルの交換は、定期的に必要なメンテナンスで、その際にお車の予期せぬ異常を見つけることができるチャンスでもあります。当店ではオイル交換の際に無料点検を行っており、その時にタイヤがパンクしていることが分かったり、オイル漏れが見つかったり、知らずに乗っていると危険なトラブルを発見することがあります。

 

最近ではガソリンスタンドやショッピング施設でもエンジンオイルの交換が出来てしまいますが、当店では改めてエンジンオイル交換作業の本質を見つめ直し、自動車整備のプロとしてのエンジンオイル交換を、皆様に提供していきたいと思います。初めてのお客様でも大歓迎です、『プリウス専門店のオイル交換』是非一度お試し下さい。よろしくお願い致します。

お問い合わせ、お見積もりは『こちら

その他、おすすめの記事です。

プリウスの消耗部品が少ない理由を、わかりやすくご説明致します。

30 プリウス EGRバルブ、インテークマニホールド清掃

 

Kyoei Japan (プリウス専門店) / Kyoei Auto Service
623-0046 京都府綾部市大島町坂尻2番地
Email  info@kyoei-auto-service.com
Tell:0773-42-6921
FAX:0773-42-3932

 

 

 

 

 

 

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL