ZVW30プリウス 前期型 ハイブリッドシステム異常

皆様こんにちは、お世話になっております。先日、福知山市にお住いのお客様よりご依頼を頂き、30型プリウス前期型の、ハイブリッドシステムエラーの修理を行わせていただきました。

メーターパネル内には、バッテリーが異常を起こしている時と同じ表示が出るのですが、診断機を繋いで見ると、こちらの『 P0AA6 高電圧系絶縁異常 』異常が検出されました。高電圧系絶縁異常は、回路内で漏電やショートなどが起きた際に検出されます。詳細コードで辿ると、ハイブリッドバッテリー、ボルテージセンサー辺りでの異常が起きているようです。

ハイブリッドバッテリー周辺の点検を始めるとすぐに嫌な感じの兆候が見つかりました。雨漏りの跡でしょうか、水が流れた跡が見られます。周辺に堆積したホコリも湿気を帯びて、こびり付いたような状態です。

内張を外すとリアショックの付け根あたりから雨漏りがあります。

湿気の影響もあり、バッテリーモジュールの端子には青錆が発生しています。

青錆やホコリを軽く掃除すると異常は点灯しなくなりました。青錆によって電気が本来通るべきではない所へ逃げてしまい、異常が点灯していたことが考えられます。

湿気を帯びたホコリが堆積していた冷却ファン、ダクトも、今後のトラブルの原因となる事が懸念されます。

見えない部分ですが、普段掃除が簡単にできる箇所ではないので、お客様に代わって清掃させて頂いております。

ボディーの雨漏りが見られた部分も、シーラーで応急処置を施しました。高圧洗浄機等の、大きな水圧がかからなければ、浸水は防げそうです。

 

今回は、ハイブリッドシステムエラーの中でも、少し特殊な症状でした。ハイブリッドシステムエラー = バッテリーの不具合と連想してしまいがちですが、今回のような症状も起こりうるので、まずは専門的な知識を持ったショップに相談しましょう。ハイブリッドバッテリーを含む高電圧回路の場合、適切な修理を行わなければ、修理代金も跳ね上がってしまう恐れがありますので、注意が必要です。当店では、ハイブリッドバッテリーをはじめとした、プリウスに起こる様々なトラブルに対応できる体制を整えております。

一昨年は20プリウスの修理が多い年で、去年は20プリウスよりも30プリウスの入庫が多い年でした。今年は更に30プリウスのトラブルが増えてくる可能性がございます。些細な不具合でも構いません、プリウス専門店『Kyoei Japan』までお気軽にお問い合わせください。それでは、本年もよろしくお願い致します。

 

 

お問い合わせ、お見積もりは『コチラ

その他、オススメの記事です。

 

ZVW30 プリウス 前期型 ハイブリッドバッテリー交換

30 プリウス EGRバルブ、インテークマニホールド清掃

 

 

Kyoei Japan (プリウス専門店) / Kyoei Auto Service
623-0046 京都府綾部市大島町坂尻2番地
Tell:0773-42-6921

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL