ZVW30 プリウス 前期型 ハイブリッドバッテリー交換

皆様こんにちは、お世話になっております。先日愛知県よりお越しいただいたお客様よりご依頼いただき、30プリウス前期型のハイブリッドバッテリーの交換をさせて頂きました。今回も遠方からご来店頂き誠に感謝しております。

今回の修理プランは中古バッテリーを使用しての交換です。お客様は車検を受けられたばかりで、次の車検まではプリウスに乗り続けたいとのご希望でした。

お客様のプリウスの走行距離は約22万キロ、異常が点灯する時期としては仕方がない走行距離かなといったところです。お車の使用状況によって、異常が点灯する時期は変わってきますので、10万キロ走るまでに異常が点灯することも稀にございます。

今回ご用意したバッテリーには、全ての補記類が備わっていたので、そのまま載せ替えていきます。

中古品ですので、ホコリが付着していたりするので、搭載前にある程度は清掃をします。

冷却ファンのダクトにもホコリがたくさん付着していました。これらのホコリがバッテリー内部でトラブルを引き起こす原因になる事も考えられる為、コチラも清掃します。

全ての部品の取り付けが終わり、試運転後に問題がなければ作業完了となります。

コチラは今回のお客様のプリウスが、電池内部異常を起こした際のデータです。ブロック6番が一際電圧が低いです。

これが交換前にコンピューターを繋いだ時の数値です。電圧はほぼ揃っています。それでも異常は点灯したままの状態です。

もしチェックランプが消えていて、コチラの数値を見れば異常が無いバッテリーにも見えてしまいます。昨今ネットオークション等で格安で販売されている『チェック済み』と書かれた中古バッテリーでも、一概に安全とは言いにくいのは、こういった状況でチェックすると『数値的には』問題が無く見えてしまう事が挙げられます。

当店では今までの『データ』を元に、良品不良品を見極める術を研究してまいりました。それでも完璧に見極めることは難しいです。ただ、それらのノウハウを生かして、リスクを軽減、回避することは可能です。『中古品』と聞くと安全かどうかの不安は必ず出てくると思います。あくまでも理想的なのは『新品』を使用されることですが、ご予算や、修理に対する価値観もお客様によって様々です。皆様一人一人に合う、『無駄の少ない修理プラン』をご提案致しますので、お気軽にご相談下さい。よろしくお願い致します。

 

お問い合わせ、お見積もりは『コチラ

 

その他、オススメの記事です。

NHW20プリウス ハイブリッドバッテリー交換

30 プリウス 前期 ハイブリッドバッテリー交換

 

Kyoei Japan (プリウス専門店) / Kyoei Auto Service

623-0046 京都府綾部市大島町坂尻2番地

Email  info@kyoei-auto-service.com

Tell:0773-42-6921

FAX:0773-42-3932

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL