NHW20プリウス ハイブリッドバッテリー交換

皆様こんにちは、お世話になっております。今回のブログは、NHW20プリウスのハイブリッドバッテリー交換です。

最近では、30型プリウスのお問い合わせと入庫が多かったのですが、20型プリウスもまだまだ現役で乗られている方も多く、プリウス専門店の当店としても、得意とさせて頂いております車両です。

今回ご入庫いただいたのは兵庫県西宮市からお越しのお客様です。走行距離は約23万キロ、お客様のご希望は、車検が残っている間は乗り続けたいという事でしたので、良質な中古バッテリーを使用して交換作業を進めていきます。

20型プリウスの場合は異常の際に純正ディスプレイにも表示が出ます。

メーターパネル内にもこのような警告灯が表示されます。

コンピューターでの診断では、電池ブロック10番、11番の異常が見受けられます。10番、11番ブロックのモジュールが劣化している事が今回のトラブルの原因です。

20プリウスのハイブリットバッテリーは、リアシートの座面後ろあたりに搭載されています。

交換にあたり、トランク周辺の内装、リアシートも取り外します。

20プリウスの場合、冷却ファンがバッテリーから離れたところに取り付けられています。ファンの汚れもチェックし、清掃します。

埃をそのままにしておくと、ダクトを伝ってバッテリー内部に埃が侵入し、トラブルを起こす事があります。

バッテリー搭載位置周辺の清掃もさせていただき、完了すれば中古バッテリーを組み付け、コンピューターで診断、試運転を行い問題がなければ無事に作業完了です。作業時間は約2時間半ほどです。今回の修理金額は、4万キロ走行した車両から取り外した検品済み中古ハイブリッドバッテリー ¥65830 + 取替工賃(故障診断費用込み)¥21250の合計¥95778(税込)にて作業が完了いたしました。 この度は遠方からのお問い合わせ、ご来店誠にありがとうございました。お待ちいただいている間に、代車で付近を観光して頂き、非常にご満足いただけて良かったです。観光を絡めたご来店も大歓迎ですので、代車が必要な際はお気軽にお申し付けください。

20型プリウスは、年式こそ古くはなってはいますが、燃費や走行性能はまだまだ現役レベルですので、長く乗り続けたいと思われているお客様も多いのではないでしょうか? 当店では、20プリウスにお乗りのお客様からのご要望にもしっかりお答えします。お困りの際はぜひ1度ご相談いただければと思いますので、よろしくお願い致します。

 

お問い合わせ、お見積もりは『コチラ

その他、オススメの記事です。

NHW10 プリウス マルチインフォメーションディスプレイ交換

30 プリウス EGRバルブ、インテークマニホールド清掃
Kyoei Japan (プリウス専門店) / Kyoei Auto Service
623-0046 京都府綾部市大島町坂尻2番地
Email  info@kyoei-auto-service.com
Tell:0773-42-6921
FAX:0773-42-3932

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL