30プリウス 前期型 走行距離18万キロ リフレッシュプラン

皆様こんにちは、お世話になっております。日頃より当店のブログをご愛読いただき誠に有難うございます。初めての方もご訪問誠に有難うございます。こちらはプリウス専門店Kyoei Japan』のスタッフブログになります。プリウスの修理パーツの取り付けイベント情報などを不定期で更新させていただいております。

今回のブログは、30系プリウス前期型のリフレッシュプランのご紹介です。

今回ご入庫頂いたお客様のプリウスの走行距離が約18万キロ、車高を下げて乗られていたのですが、通勤距離が長いこともあり乗り心地に不満を抱えておられたそうです。今回は足廻りの部品交換で乗り心地改善と、EGRバルブ、インテークマニホールドの清掃、リフレッシュを同時に行っていきます。

まずはEGRバルブ、インテークマニホールドの清掃です。

EGRバルブの汚れは距離相応と言った感じです、

インテークマニホールドの先、インジェクター周辺にカーボンが堆積すると、ガソリンが吸着されて燃料噴射量に無駄が生じます。

清掃後は素材の地肌が見えるぐらいスッキリします。清掃完了後はISC学習値の確認をして、再学習が完了すれば作業完了です。続いて足廻りです。

今回はお客様のご要望で、純正形状のショックアブソーバに交換していきます。こちらのショックアブソーバは老舗メーカー『KYB』からリリースされている『Lowfer Sports』です。こちらにはベストなセッティングを実現できるスプリングキットがございますので、今回はスプリングもセットで交換です。

今回はお客様からのご要望でもう一工夫、30プリウス前期型に関しては、サスペンションの上部『アッパーマウント』と呼ばれるパーツの構造が、グレードにより異なります。ツーリングセレクション、ソーラーパネルムーンルーフ付き車両に限っては、後期型と同じ『入力分離型アッパーマウント』が装備されます。

入力分離型アッパーマウントのメリットとしては、スプリングからの衝撃と、ショックアブソーバからの衝撃を別の部分で受け止めることで静粛性の向上、突き上げ感の緩和などが挙げられます。後期型からは全てのグレードで入力分離型に変更されましたので、こちらの方が優れているという裏付けにもなるのでは無いでしょうか?

お客様のお車は前期のGグレードですので、今回は後期用の入力分離型アッパーマウントに仕様変更していきます。ショックアブソーバの適合も自ずと後期用となりますので、もし真似をされる場合はお気をつけください。

組み付け後の写真です。今回はこれらのパーツを全て新品に交換させていただきました。ショックアブソーバに関しては、走行距離10万キロを過ぎたあたりで性能が低下し始めることが懸念されます。これから少し過走行な中古車を買われる際には、このような足廻りの一工夫で大きな満足感を得て頂くことが可能です。

その他の部分でも、30プリウスの弱い部分として有名なスタビライザーリンクの交換、

リアの足廻りもショックアブソーバのアッパーブッシュ、スプリングの上下に備わるゴム製のシートも新品に交換です。ここまでして頂ければこの先も不安なくお乗り頂けるかと思います。異音が発生して修理を考えた場合、冷静な判断もできなかったりしますので、このような予防整備とアップグレードを兼ねたメニューは、変化の楽しさも体感いただけるので非常にオススメです。

全ての作業が終わりました。車高は装着前より上がりましたが、純正と比べ3センチ弱ほどのローダウンに仕上がります。乗り心地は純正より硬めでしっかりした印象ですが、突き上げ感もなく上質な乗り心地です。

車高を下げるメニューとしては、車高調、ローダウンスプリングが定番ですが、それらは安価で済む場合もありながら、セッティングを誤るとクルマの性能を著しく低下させてしまいます。

今回のような純正形状のショックアブソーバにスプリングがセットになっているものは、ショックアブソーバに最適なセッティングとなるスプリングがセットになっているため、セッティングを間違える心配はほぼゼロです。

『とりあえず車高長がいい』と言った感じで車高調を購入されたものの、一番良い部分を活かせていないケースもしばし見受けられます。今回のような3センチ程度のローダウンで良いという方であれば、このようなショックアブソーバを選択肢に入れられても良いのではないでしょうか?

皆様のライフスタイルに合わせた足廻りの改善、アップグレードのご相談も随時受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

最後になりましたが、この度は遠方からのご来店誠にありがとうございました。今回の改善で、長い通勤も、しっかり作り込まれたオーディオシステムでの音楽鑑賞も思いっきり楽しんで頂けると思います。このような改善は多くの方々に当てはまる好例かと思います。きめ細やかな予防整備のご依頼誠に感謝しております。今後ともよろしくお願い致します。

最後まで読んでいただき誠に有難うございます。こちらのブログに辿り着いた方は、プリウスに関する何らかのトラブルや、今後起こりうるトラブルについて気になる事や不安を抱えられているのではないかと思います。当店のブログには、トラブルの情報や、修理事例、プリウスの特性など、たくさんのブログ記事を作成しております。皆様のお悩みを解決する為のツールになればと思いますので、1度ご覧になってみてください。また、修理のお見積もりなど、下記のリンクよりお気軽にご相談いただければと思いますので、よろしくお願い致します。

お問い合わせ、お見積もりは『コチラ

Kyoei Japan (プリウス専門店) / Kyoei Auto Service

〒623-0046 京都府綾部市大島町坂尻2番地

Tel:0773-42-6921

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL